偏った食事はがんの原因になります

医療の力で未来を救う

がんに負けない体を作る

日々の生活習慣で、病気にならないような体つくりをすることができます。特に、毎食の食事内容は重要です。体に良い食材を取り入れるようにするようにしましょう。

がんの予防効果が期待できる食材5選

no.1

1番効果的とされているのがにんにく

にんにくは硫化アリルという成分が含まれています。この硫化アリルには、強力な抗酸化作用がありがんの予防効果が存分にあるのです。また、カリウムやセレンなどのミネラルも豊富に含んでいます。

no.2

にんにく次いで予防効果があるキャベツ

キャベツもにんにく肩を並べるほどの抗酸化作用がある野菜です。がん抑制効果のあるイソチオシアネートやペルオキシダーゼなどがたくさん含まれています。

no.3

しょうがでがん予防ができる

しょうがはがん予防が期待できる薬味です。しょうがの辛味成分であるジンゲロールには、抗がん効果が含まれています。また、ジンゲロールは乾燥や加熱処理をすることで効果がより得られるようになるでしょう。

no.4

にんにくと同じ成分があるたまねぎ

がん予防に効果的な硫化アリルは、たまねぎに含まれています。このたまねぎに含まれている硫化アリルの効果を最大限に発揮するには、サラダなどにして生のまま食べることがおすすめです。

no.5

様々なビタミンを含むトマト

トマトには、抗酸化作用の強いリコピンを豊富に含む食材です。さらに、様々なビタミンの成分も含んでいるので体にも良い食材になります。リコピンは、加熱処理をすることで更なる効果がでます。

咽頭がんを改善
無料で相談会を開催中!

梅田クリニックで健康診断を受けよう
要望に沿った検査を提示してくれる

両国の内科へ行こう!
治療できる項目とは?

がんを発生する原因

看護師

肉を食べることでがんの原因になる

肉を大量に食べる生活を続けると、大腸がんになりやすいという結果がわかっています。肉類は腸内で腐敗しやすく悪玉菌が増えることが原因です。病魔に打ち勝つカラダ作りを意識しましょう。

乳製品は乳がんや前立腺がんの原因になる

牛乳やバターやチーズを口にすることは多くあります。しかし、これらの乳製品は摂取し過ぎると乳がんや前立腺がんのリスクが上がってしまいます。ですから、適度に摂取すれば悪影響になることはないでしょう。

塩分が多い食べ物に気をつける

最近では、塩分の取り過ぎが問題視されています。塩分の取り過ぎは、胃壁にダメージを与えて胃炎を発生させるのです。胃炎の発生が胃がんに繋がる場合もあるので、塩分を抑えた食事をしましょう。

がん治療に関するQ&A

医師の実績って見ることはできますか?

がん治療をしていく上で、医師の実績を確認することは重要です。確認は、病院のホームページで見ることができます。また、インターネットで病院の口コミを見ることでも確認ができるでしょう。

がん治療はどこで受けても同じですよね?

がんの治療を受けられる病院は様々あります。病院によって治療内容や雰囲気は異なります。ですから、自分に合った病院で治療をすることで不安もなくがんの改善が期待できるでしょう。

タバコで咽頭がんのリスクが上がることは本当ですか?

咽頭がんを発症する原因の一つに、タバコが挙げられます。喫煙は大きな原因なのです。また、タバコは咽頭がんだけではなく様々な病気の引き金にもなるので、タバコはやめておくことが一番良いです。

がんになりにくい方法はありますか?

がんの発症は生活習慣が大きく関係しています。これは咽頭がんも例外ではありません。ですから、食生活の乱れや運動不足を改善することでがんになりにくい体を作ることができます。がんになりにくい体をつくることで、様々な病気になることもなく健康に生活をすることができるので生活を見直してみてはいかがでしょうか。

にんにくはがんの予防に効果的なのですか?

にんにくに含まれる硫化アリルには、抗酸化作用がありがんの予防が期待できます。がんの予防効果がある食材は様々あるので、バランス良く摂取することが良いでしょう。

咽頭がんは通院で治療できる場合がある

咽頭がんに限らず、がんを宣告された場合はすぐに入院しなければならないと考える人がほとんどです。しかし、最近では薬が改善されて通院で治療ができるようになっています。

広告募集中